生後3ヶ月おもちゃを握らないのは興味がないから?体験談ブログ

このブログ記事では、私の息子が生後3ヶ月から4ヶ月の間に「ものをつかむ」ときの成長記録をまとめています。

 

生後3ヶ月のお子さんがおもちゃを握らないのを心配されている方へ。赤ちゃんの成長には個人差があるので、ゆったりとした気持ちで見守りましょう。

 

生後3ヶ月になったとき、発育状況チェックに「ものをつかむ」という項目が加わるようになります。

けれども発育には個人差があるため、お子さんの様子を見て、

「生後3ヶ月になったけど、おもちゃに興味がない」

「自分からおもちゃを握ろうとしないのは大丈夫なのかな?」

と、心配になるお母さんがいるかと思います。

しかし最初できないことでも時間経過とともに徐々にできるようになるものです。

私も上の子のときはいろいろなことを心配しましたが、下の子のときは冷静に見守ることができました。

このブログでは、生後3ヶ月から4ヶ月の間に下の子が「ものをつかむ」までの成長記録をまとめています。

よろしければどうぞご覧ください。

生後3ヶ月の成長と発育

赤ちゃん

生後3ヶ月の赤ちゃんは、体つきがふっくらとした「赤ちゃんらしい」体型になっていく時期。

発育の目安は以下の通りです。

男の子:身長 57.5~66.1cm 体重 5.12~8.07kg
女の子:身長 56.0~64.5cm 体重 4.84~7.53kg

出典:厚生労働省「乳幼児身体発育調査」平成22年

3ヶ月から4ヶ月は首が座ってきて、抱っこひもが使えるようになる時期です。

(生後すぐに使える抱っこひももあります。私はベビービョルンを利用しています)


また、表情が豊かになり、にっこり笑ってくれることが増えてきます。

そして赤ちゃんが手に興味を示す特有のしぐさ「ハンドリガード」が見られる時期でもあります。

 

 

生後3ヶ月おもちゃを握らないのは大丈夫?

赤ちゃんの手

生後3ヶ月は「赤ちゃんらしい」発達が見られるころ。

にっこり笑ってくれることが増えるため、思わずおもちゃを使ってあやしたくなりますよね。

ところが、赤ちゃんがおもちゃにあまり反応を示さなかったり、おもちゃを握らなかったりすることがあります。

手に触れさせると、反射で握るような、握らないこともあるような……

お母さんとすると、反応を期待していた分、がっかりしてしまうのではないでしょうか。

けれども、赤ちゃんからすると、はじめて存在を認識したおもちゃにキョトンとしているのかもしれません。

赤ちゃん相手なので、最初から過度に期待しすぎないように

まずは赤ちゃんの目の前で、おもちゃを動かすところから始めてみましょう。

 

 

生後3ヶ月おもちゃを握るまでの成長記録

おもちゃ握り

ここからは、生後3ヶ月から4ヶ月の間に我が家の息子が「ものをつかむ」までの成長を記録しています。

1ヶ月の間に、少しずつできることが増えていく様子がわかります。

赤ちゃんの成長というのは、ちょっとした出来事でも喜びひとしおですね。

 

生後3ヶ月前半(おもちゃを握らない)

おくるみ

生後3ヶ月前半には、あまりおもちゃに興味を示しませんでした

メリーを見て体をばたばたさせてはいましたが、目の前におもちゃを出しても握らないのです。

おもちゃの代わりに握るようになったのは、いつも体にかけていたおくるみとタオルです。

 

手をまじまじと見る

最初に気付いたのは、握った手を上に突き出して、まじまじと見る動作でした。

これは「ハンドリガード」といって、赤ちゃんの発育に大切なしぐさのひとつです。

「自分に手がついていることに気付く」というのが、赤ちゃんにとって成長の第一歩なのだと思います。

 

げんこつしゃぶり

2ヶ月のころからですが、よくげんこつを口に入れていました

このげんこつしゃぶりもハンドリガードに含まれます。

 

おくるみ、タオルをつかむ

おもちゃを握りませんでしたが、代わりに握りしめていたのがおくるみとタオル

お気に入りは体にかけている産院からもらったおくるみでした。

また、抱っこをするとタオルがしっかりと付いてくることも。

もしかしたら、おくるみやタオルもおもちゃに含まれるのかもしれませんね。

 

生後3ヶ月中盤(おもちゃへの興味)

ソフトサッカーボール

生後3ヶ月中盤は、前半より細かい動きができるようになりました。

いちばん大きかった違いは、げんこつしゃぶりが指しゃぶりになったこと。

指しゃぶりできるようになったんだな、と喜んだ記憶があります。

 

指しゃぶり

それまでのげんこつしゃぶりが、親指を出しての親指しゃぶりに変化していました。

指しゃぶりもやはりハンドリガードのひとつ。

この時期の指しゃぶりは成長の過程なので心配はいりません。

 

髪をつかむ

赤ちゃんに顔を近づけていると、いつの間にか髪の毛をつかまれるようになりました。

上の子の髪の毛を引っ張って、上の子が泣き出すことも。

(5歳なんですが、3ヶ月に負けてどうする)

これから抱っこが増えていくので、戦々恐々となりました。

 

すみっコぐらしソフトボール

3ヶ月中盤も、はがためおもちゃについては、なかなか自分からは握りませんでした。

手のひらに触れさせて、やっと握るような感じです。

そんなとき、上の子用に購入したすみっコぐらしソフトボールを、両手で挟んで持つように。


はがためなどより大きいのですが、両手で挟んで持つ、ということができるのだと少しびっくりしました。

はがためは握らないままでしたが、よく目の前で振るようにしていました。

 

生後3ヶ月後半から4ヶ月(おもちゃを握る)

はがため

生後3ヶ月後半は、ついにおもちゃを自分から握るようになりました

私の真似をして、おもちゃを振るようなしぐさを見せる……ような感じに見えるのですが、勘違いかもしれないというくらいまだうまくは動かせません。

ともかく、おもちゃの持ち手を握るようになったのが、今までとの大きな違いになります。

 

アンパンマンはがためラトル

おばあちゃんが購入してくれた、上の子のときから愛用しているはがためラトルです。

3ヶ月前半から目の前で振るように動かしていたのですが、後半になってついに握るようになりました。


私は持っていないのですが、 サッシ―のはがためラトルもかわいいですよね。


 

オーボール

こちらも上の子のときから愛用している、人気のオーボールです。

少し握るのが難しそうだったのですが、生後4ヶ月付近に自分から握れるようになりました。


ラトルがついたオーボールもあります。


 

おもちゃ握り

 

 

生後3ヶ月おもちゃに興味がないときの対処法

赤ちゃん

生後3ヶ月になったとき、発育状況チェックに「ものをつかむ」という項目が加わるようになります。

しかし、お母さんがおもちゃであやしても、3ヶ月の赤ちゃんはおもちゃを握ろうとしないことがあります。

まずはっきりと言えることは、赤ちゃんの成長には個人差があるということです。

公表されている発育の目安から多少外れても、生後3ヶ月時点で心配しすぎなくても大丈夫です。

(体格面で大きく外れているときは注意が必要です)

それは、おもちゃに興味がない場合も同様です。

まずは心おおらかに、ゆったりとした気持ちで赤ちゃんをあやしましょう。

おもちゃを握らないときは、最初は赤ちゃんの目の前で、おもちゃを振ったり揺らすところから始めます。

毎日繰り返すうちに赤ちゃんが「おもちゃで遊ぶ」ということを認識するようになります。

少し時間がかかることもありますが、心配しすぎないで。

お母さんの不安は赤ちゃんに伝わることもあります。

穏やかな気持ちで見守りましょう。

 

 

まとめ

このブログ記事では、私の息子が生後3ヶ月から4ヶ月の間に「ものをつかむ」ときの成長記録をまとめています。

赤ちゃんの成長には個人差があるので、まずは、ゆったりとした気持ちで見守ります。

タオルを握ったり、指しゃぶりをしたりするのは、身近なおもちゃ遊びだと捉えましょう。

おもちゃを握らないときは、赤ちゃんの目の前で、振ったり揺らすところから始めます。

毎日繰り返すうちに、赤ちゃんがおもちゃをつかむ日が来るはずです。

なにしろ赤ちゃん相手なので、最初から過度に期待しすぎないように

まずは赤ちゃんの目の前で、おもちゃを動かすところから始めてみましょう。

 

 

関連記事

この記事では生後4ヶ月から5ヶ月の赤ちゃんがミルクを飲まないとき試してほしい方法について、記載しています。   生後4ヶ月から5ヶ月の赤ちゃんがミルクを飲まないで泣く完ミ・混合育児の方へ。哺乳瓶の口を緩めたら飲むかもしれま[…]

生後4ヶ月ミルク飲まないで泣く完ミ・混合の方へ!1度試してほしい方法
関連記事

この記事では、生後3ヶ月の乳児が頭をぶつけたとき、どうするべきかについてまとめています。   生後3ヶ月の乳児が頭をぶつけたとき、どうするか調べている方へ。まずは乳児の様子を確かめましょう。意識があるか、外傷やたんこぶがで[…]

乳児が頭を打った!寝るとき泣かないときは何科を受診?生後3か月体験談
関連記事

この記事では、フェリシモのベビーグッズ手作りにお裁縫初心者が挑戦した結果と、注意点をレポートしています。   お裁縫に自信がないけれどベビーグッズを手作りしたい方へ。どこから手を付けたらいいかわからないときは、ベビーグッズ[…]

ベビーグッズを初心者が作る注意点と手作りキットのフェリシモレポ

 

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

クリックいただけると励みになります!