生後9ヶ月で母乳卒乳は早い?栄養はミルクと離乳食中心に

この記事では、生後9ヶ月で母乳を卒乳した体験談について記載しています。

 

生後9ヶ月での母乳の卒乳タイミングについて、お悩みの方へ。9か月で母乳を卒乳してみて、それほど困ることはありませんでした!体験談をどうぞご覧ください。

 

卒乳のタイミングは、多くのお母さんが悩まれるところだと思います。

自然に卒乳をするのが理想ですが、どのタイミングで卒乳できるかは、こども次第です。

母乳、ミルク、混合など、育児方法での違いもあるかもしれません。

私の場合は、50%母乳の50%ミルク、ほぼ半々の混合育児をしていました。

生後9ヶ月で、母乳をやめようか悩んだ末、母乳卒乳しました。

早い時期での母乳卒乳でしたが、困ることはほとんどありませんでした。

詳細をどうぞご覧ください。

卒乳と断乳の違いとは

まずは、「卒乳」「断乳」の違いについて説明します。

卒乳について考えるとき、対照的になるのが断乳です。

 

卒乳は自然とお乳(ミルク)離れすること

こどもが自然にお乳(ミルク)を飲まなくなることを、卒乳と言います。

卒乳をすると、栄養補給は離乳食が中心となります。

こどもの気持ちを第一優先する離乳方法のため、卒乳は理想的な離乳の形であると言われています。

 

断乳はお乳(ミルク)離れを試みること

親が、意図的にお乳(ミルク)離れを試みることを、断乳と言います。

離乳のタイミングは、親の判断で決まります。

そのため、こどもがまだお乳(ミルク)を飲みたがっているのに、飲ませられないという状況になることがあります。

やむを得ない理由があるときは、断乳が推奨されます。

 

卒乳に親都合はあるかもしれない

卒乳とは、こどもが自然にお乳(ミルク)を飲まなくなることを指します。

しかし、こどもの気持ちは、親の考え方で変わることがあります。

たとえば「そろそろ卒乳してほしい」と親が思うときには、こどもに親の気持ちが伝わる可能性があります。

反対に、「まだお乳が必要だ」と思うときも、同様です。

親とこどもの気持ちはそれぞれ違うとはいえ、卒乳のタイミングにまったく影響がないとは言い切れません。

 

 

母乳育児に憧れた私。混合育児と卒乳の関係

こどもが産まれたばかりのとき、私は「できれば母乳で育てたい」という気持ちになり、母乳中心の育児を目指していました。

母乳の出が悪くて、結果的にはすぐに混合育児になりました

結果的に、混合育児だったことが、早期の母乳卒乳に繋がった可能性はあります。

 

母乳育児のために試みたこと

母乳の出をよくするために、産後に母乳マッサージに通いました。

50%の割合でも母乳で育てられたのは、母乳マッサージのおかげだと思います。

あまり出がよくない母乳を少しでも飲んでもらうために、ミルクは母乳に味が近いグリコ「アイクレオ」を選びました。

 

関連記事

グリコのミルク商品アイクレオの「プレゼント応募用紙」が、2021年7月15日、終了します。 7月15日以降は、公式マイページからの商品レシート登録で、プレゼントに応募することができます。 すでに集めているシール等の旧ポイントは、[…]

アイクレオのプレゼント応募方法が変更!ポイント移行に気を付けて

 

いざ授乳!からの混合育児

母乳マッサージに通ったものの、母乳中心の育児にするには母乳量が足りませんでした。

「母乳育児はこどもの体重が増えにくい」と言われることがあります。

これは、ミルクを与える場合にに比べて、母乳は量が少なくなりがちだからかもしれません。

もちろん母乳量が多くて、お乳をよく飲むこどもなら、母乳育児でビッグベビーになりますので、本当に状況に依ると思います。

母乳育児を目指していた私ですが、こどもの体重がなかなか増えませんでした。

そのため、どんどんミルク量は増えていきました。

 

 

生後9ヶ月の母乳卒乳は早い?栄養はどうする?体験談

生後9ヶ月で母乳を卒乳した体験談を記します。

当時の育児状況は、以下のようになります。

 

  • 授乳は母乳50%ミルク50%
  • 離乳食は順調
  • 外出の際はミルクを持ち歩く

 

母乳にこだわらない我が子の場合

私の娘は、母乳にあまりこだわりがないように見えました。

母乳の出がよくなかったからかもしれません。

ミルクを自分の手で持てるようになってからは、ミルクの方を飲みたがっていました。

生後9ヶ月になると、離乳食のメニューが増えていきます。ミルク育児にも慣れました。

そのため、親である私自身も、母乳へのこだわりは薄れました。

 

卒乳の後押しした「ママはテンパリスト」


ママはテンパリスト 1 (クイーンズコミックスDIGITAL)

 

育児中は、「東京タラレバ娘」で有名な漫画家、東村アキコさん「ママはテンパリスト」を読んでいました。

この「ママはテンパリスト」すごく面白い育児エッセイ漫画です。

中でもよく話題に出てくるのが、息子さん(ごっちゃん)の卒乳ネタです。

なかなか卒乳できないごっちゃんの意思を尊重して、最後まで付き合う東村アキコさんの姿勢には、頭が下がる思いがいたします。

一方で、「卒乳ってそんな大変なの???」と、当時、ビビッてしまったのも確かです(笑)

母乳離れが難しくなさそうな今、母乳卒乳してしまうに限るのでは?

と、考えるようになりました。

 

【完結済み】ママはテンパリスト【eBookJapan】日本最大級のマンガ(電子書籍)販売サイト

 

母乳のタイミングでミルクを渡す

9ヶ月で母乳を卒乳するのは、やや早いのでは……

と考えながら、母乳を飲ませるタイミングでミルクを渡すと、あっさりと乳離れしました。

寝かしつけでお乳を咥えたがることはありましたが、母乳が出なくなるにつれて、機会は減っていきました。

乳離れと同時に、離乳食の量を増やしました。

ミルクは、1歳過ぎ(4,5ヶ月ごろ)まで飲んでいました。

ミルクと並行して、牛乳を飲ませました。

牛乳は、最初ミルクと同じようには飲めませんでしたが、徐々に飲む量が増えました。

私はフォローアップミルクは利用しませんでした。

1歳過ぎてもミルクを飲んでいたので、切り替えてもよかったかもしれません。

 

和光堂 フォローアップ ミルク ぐんぐん(830g*2缶セット)【ぐんぐん】[粉ミルク]

価格:3,088円
(2021/7/1 02:16時点)
感想(4件)

 

 

ミルクと離乳食での栄養で困らなかった

9ヶ月での母乳卒乳は、少し早いのかもしれないという気持ちがありました。

実際、9ヶ月で母乳をやめた話をすると「早いね!」と言われることが多かったです。

けれども、母乳卒乳して、困ることはそれほどありませんでした。

離乳食を食べるタイプの子で、ミルクは引き続き飲んでいたのが大きかったと思います。

母乳量が足りず外出時にミルクを持ち歩く習慣があったため、持ち物が変わることはありませんでした。

さらに、もともと母乳の出が少なかったため、卒乳後のお乳ケアの大変さも、さほどではなかったです。

一時的にミルクの消費量が増えて、お金がかかったことが、唯一の困りごとでした。

母乳マッサージに通わなくなった費用を、ミルク代に充てたと思うことにしました。

このように、私の9ヶ月での卒乳は、スムーズに終了しました。

終わってみると、歯が生えて本格的に授乳が痛くなりそうな前に、あっさり卒乳できてよかったという気持ちになりました。

 

 

まとめ

この記事では、生後9ヶ月で母乳を卒乳した体験談について記載しました。

卒乳のタイミングは、多くのお母さんが悩まれるところだと思います。

けれども、どのタイミングで卒乳するかは、こども次第です。

生後9ヶ月で母乳を卒乳しそうなときは、それがその子のタイミングということになります。

栄養面さえ気をつけることができれば、卒乳して困ることはありません。

私は、9ヶ月で母乳を卒乳して、困ることはそれほどなかったです。

「早すぎるかもしれない」と心配しすぎなくてOKです。

9ヶ月で卒乳のチャンスがあるならば、栄養面の対策をした上で、離乳を進めてみてはいかがでしょうか。

 

関連記事

この記事では、認可外保育園に、1歳から2歳にかけて私の娘が通園していた時の体験談と、認可外保育園のメリット、デメリットをご紹介しています。   認可外保育園について情報収集している方へ。1歳から2歳にかけて、筆者の子供が認[…]

認可外保育園は怖いのか?メリットとデメリット体験談

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

クリックいただけると励みになります!