子供が食事で座らない!2歳のお悩みダイニング体験談

この記事では、2歳の子供が食事の時間に椅子に座らない時の体験談と、当時の対処法をまとめています。

 

子供が食事の時間、椅子に座らずお悩みの方へ。私の子供が2歳の時、食事中に座らず悩んだ体験談と、対処法をまとめました。

 

我が家の対処法は、2つありました。

 

  1. 椅子(ダイニングチェア)を見直す
  2. 親が隣に座って注意を引き付ける

 

4歳の今は、子供は落ち着いて、椅子に座って食べることができます。

しかし、落ち着くまでには紆余曲折がありました。

どうぞご覧ください。

2歳の子供が食事で座らない!

子供が2歳の時、食事の時間に椅子に座らないため、悩んでいた時期があります。

当時は保育園に通っていました。

食育に力を入れている保育園でした。

 

関連記事

この記事では、認可外保育園に、1歳から2歳にかけて私の娘が通園していた時の体験談と、認可外保育園のメリット、デメリットをご紹介しています。   認可外保育園について情報収集している方へ。1歳から2歳にかけて、筆者の子供が認[…]

認可外保育園は怖いのか?メリットとデメリット体験談

 

保育園では座って食べているようでした。

しかし、家では、椅子から降りて遊び食べをしてしまうのです。

「座りなさい!」

というと、

「イヤだ」

「食べさせて」

と返ってきます。

2歳は自分で食べることができるはずという気持ちで断ると、いつまでも椅子に座りません。

結局、食事に時間がかかってしまうのでした。

ちなみに、1歳時にはスムーズに離乳食が進んでいました。

 

関連記事

この記事では、生後9ヶ月で母乳を卒乳した体験談について記載しています。   生後9ヶ月での母乳の卒乳タイミングについて、お悩みの方へ。9か月で母乳を卒乳してみて、それほど困ることはありませんでした!体験談をどうぞご覧くださ[…]

生後9ヶ月で母乳卒乳は早い?栄養はミルクと離乳食中心に

 

ただ、当時から「食べさせてほしい」とねだることが多かったです。

もう2歳。自分の力で食べてほしい。

という親の願いはむなしく、子供は椅子を下りてしまうのでした。

 

 

子供の自由にさせる方法と我が家の場合

子供が食事で椅子に座らないときに、思い切って自由にさせるという選択肢があります。

たとえば、椅子ではなく床に座るなら、その場で食べられるお弁当型の食事を作る、等の方法です。

ただし、我が家の場合は、食べる場所に関係なく遊び食べが入るようでした。

また、歩きながら食べる習慣を付けるのが、個人的に心配でした。

できるだけ椅子に座って食事を摂る習慣を身につけてほしい。

という気持ちで、対処法を考えることにしました。

 

 

一定時間で食事を下げる方法と我が家の場合

子供が遊び食べをする際に、食事時間を決めておいて、食べない時はお皿を下げるという方法があります。

食べるときは集中して食べないと、ご飯がなくなってしまう。

そう子供に気付かせる方法です。

我が家でも、この方法を試しました。

しかし、あくまで我が家の場合になりますが、この方法をうまく取り入れることができませんでした。

なぜなら子供が、食べるより遊ぶ方を優先してしまうからです。

あまり食べずにお皿を下げる日が続くと、栄養面で心配になってきます。

体格が小柄だったため、「いつかは食べるはず」だと、徹底して食事を下げることができませんでした。

そのため、我が家では、別の方法を考えることになりました。

 

 

対処法1:椅子を見直し!2歳のダイニングチェアの選び方

まず、見直したのはダイニングチェアです。

我が家では、生後6か月の頃から、ストッケ トリップトラップ類似商品を利用していました。

 

 

本当はトリップトラップに憧れていたのですが、当時「高価だな」と思い、低価格の類似商品をインターネット通販で購入しました。

組み立ては私が行いました。

この組み立てがあまり上手くいかなかったのでしょうか?

子供が2歳の頃には椅子がガタついていました。

さらに、ときどき座面が外れる問題が発生していました。

これでは、落ち着いて椅子で食事をするのが難しいかもしれません。

ということで、新しい椅子を探すことになりました。

いろいろ調べて辿り着いたのが大和屋 キトコ キッズダインニングチェアです。

 

 

3歳向けとなっていますが、我が家は2歳から使用しています。

このダイニングチェアを選んだ理由は、2つあります。

 

  1. 大和屋ブランドで安心できる
  2. 大人用の椅子に近いデザイン

 

大和屋ブランドで安心できる

キトコ キッズダインニングチェアは価格としては安くない商品です。

しかし一度、低価格の類似商品を購入して失敗したので、思い切って購入しました。

大和屋といえば、ベビーベッド、ベビーチェアで有名なブランドです。

クオリティ面で安心して購入することができました。

商品が届いた後、今回も私が組み立てました。

組み立て工程がしっかりしているので、2年経った今でも全くガタつきません。

長期的に利用できる商品です。

 

大人用の椅子に近いデザイン

2歳になった子供は、よく大人用の椅子に座りたがりました。

もちろん、遊ぶだけなら大人用の椅子に座ってかまいません。

けれども食事のとき、お絵描きのときなど、2歳に大人用の椅子は早いです。

そこで、大人用の椅子に近いデザインを探すことにしました。

キトコ キッズダインニングチェアは、たまたま我が家のダイニングチェアにデザインが似ていました。

ダイニングチェア

写真はキトコ キッズダインニングチェアのブラウンです!

座面がダイニングセットによく似ています。

これなら、大人用椅子だと思って座るのではと考えました。

 

椅子はガタつかなくなったが食事では座らない

こうして新しいダイニングチェアが完成しました。

子供は喜んで座りましたが、食事の時は相変わらず座りませんでした

椅子がガタつかなくなったのは良かったですが、問題がまだ解決していません!

そのため、さらに別の方法を考えることになりました。

 

 

対処法2:親に注目!「隣に座る」作戦とは?

座って食事を続けられないのはなぜなのか、考えました。

遊び食べをするのは、食事より遊ぶ方が好きだからです。

この状態で、ただ食事に注意を向けさせるのは難しいと思うようになりました。

それならば、食事以外に注目するように仕向ければいいのではないか?

食事ではなく親が隣に座って注意を引き付ける!!作戦です。

そのため、我が家では「親に食べさせてほしい」という子供の希望を叶えることにしました。

自分の力で食べるように言い聞かせていたのは、諦めました。

そのため「食べさせてほしい」と子供は毎回せがむようになり、別の心配が始まりました。

けれども、我が家では、自分の力で食べるより椅子に座ることを優先させました。

こうして、新たな問題を抱えながらも、子供は椅子に座るようになりました。

 

 

4歳になった今!座って自分で食べるように

新たな問題が生まれつつも、とにかく椅子に座るようになった子供の後日談です。

3歳になって幼稚園に通い、給食が始まっても、子供は家では「食べさせて」状態でした。

我が家では、子供の「食べさせて」は断りませんでした。

もちろん自力で食べない心配はありましたが、幼稚園では自力で食べるはずだと信じることにしました。

そして、4歳になった今。子供は自力でご飯を食べています。

魚は「ほぐして」と頼まれますが、それ以外で「食べさせて」と頼まれることはありません。

逆に、ヨーグルトやアイスを食べているとき、親に食べさせようとしてきます。

「はい、あーんして!」

と言いながら。

そして、何かを食べるとき、子供は椅子に座るようになりました。

紆余曲折ありましたが、椅子に座る習慣が身につきました。

 

 

まとめ

この記事では、2歳の子供が食事の時間に、椅子に座らない時の体験談と、当時の対処法をまとめました。

我が家の対処法は、2つありました。

 

  1. 椅子(ダイニングチェア)を見直す
  2. 親が隣に座り、注意を引き付ける

 

我が家の場合、ダイニングのお悩みは時間が解決してくれたような気がします。

4歳になって、自力で食べるようになるまですごく心配でしたが、

「はい、あーんして!」

と言いながらヨーグルトを口に押し付けてくる子供を見ると、これでよかった、と思えるようになりました。

子供が食事の時間に、椅子に座らずお悩みの方へ。

私の体験談が、少しでもお役に立てば幸いです。

 

 

関連記事

この記事では、エスカレーターを怖がる4歳の子供が、イメージトレーニングで乗れるようになった経験談をご紹介しています。   子供がエスカレーターを怖がり、乗れなくて心配な方へ。焦る必要はないと思いますが、イメージトレーニング[…]

エスカレーターに乗れない子供。怖がるとき効果的なイメージトレーニング

 

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

クリックいただけると励みになります!